警報発表時の対応

気象警報等の発表時における生徒の登校等について(7月9日、一部修正)

 

  このことについて、下記のような申し合わせになっております。事前・事後の対応について御協力くださいますようお願いいたします。

                                      記

1 警報(大雨・洪水・暴風・暴風雪・津波)が「愛南町」に発表された場合

(1) 生徒が登校する前(6:30の時点で警報が発表されている場合)

       ○  自宅待機を原則とする。(外に出ないで、自主学習などをする。)

     ○  警報が解除された場合もすぐに登校せず、学校からの連絡を待つ。

           * 特別な事情(修学旅行、集団宿泊、その他特別な行事等)がある場合や安全が確保できると判断した場合は、校長は、教育長と相談して登校を指示する場合もある。

     ○ 津波警報の場合は、防災無線などの指示に従い、避難場所に速やかに避難する。

           * 津波警報の対応は、学校によって異なる。

 

(2) 生徒の在校時

       ○ 津波警報の場合は、学校の指示に従い、避難場所に速やかに避難する。

       ○ それ以外の警報の場合は、原則として授業を行う。

       ○ 警報発表中に下校させる場合は、下校指導を行い、安全に配慮する。

 

2 その他の警報が発表された場合

       ○ 自宅待機の連絡がある場合を除き普通登校とする。

              例:大雪警報、波浪警報、高潮警報 等

 

3 地震(津波)発生、土砂崩れ等の場合

       ○ 校長が速やかに判断し、必要に応じて事後対応を連絡する。

 

4 その他の非常事態の場合

       ○ 校長が教育長と相談し、必要に応じて事後対応を連絡する。

 

5 休日・祝日等の部活動の場合

       ○  授業日と同じ対応とする。該当の警報が発表されている場合は自宅待機し、顧問からの連絡を待つ。

 

【 確認事項 】

  ◎ 各家庭への連絡は、本校の携帯電話連絡網「マチコミメール」でお知らせいたします 。

    (メール配信未設定の御家庭には、学級担任から直接電話連絡いたします。) 

  ◎ 生徒の危険が予測される場合は、この限りではありません。保護者の責任において生徒の安全確保をお願いいたします。