ブログ

防災小説ブラッシュアップ

 全校での総合的な学習の時間は、「防災学習」。

 先週各自が創作した防災小説を、今日はグループごとにブラッシュアップしました。
 まずは、自分の小説をグループ内で発表しました。
 
 その後、グループ内で1点を選びます。
 
 選考基準は、「① 今まで学んだ防災知識が身に付いているか」
 
 「② 思いやり(自助・共助・公助)ある行動がとれたか」
 
 「③ 前向きな気持ちで行動できたか」
 
 「④ 表現力豊かに表現できたか」
 
 グループ内での代表が決定されると、次はその小説をさらによいものに推敲していきます。
 
 そして、各グループの小説をみんなの前で発表します。
 
 最終は、学級内で代表を1点決定し、それが文化祭での防災小説発表にノミネートされることになります。

 28日(日)の文化祭では、それらの力作が発表され、審査を受けて最優秀作品が選ばれます。

 さて、どのような作品が出来上がったのでしょうか。創作の中で災害を我がこととして受け止められたことと思います。皆はどのような未来を思い描いたのでしょう。本番をお楽しみに。